坂口恭平のプロフィール

1978年熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。
在学中から、大規模な現代建築を設計する建築家に疑問を持ち、
人が本来生きるための建築とは何かを模索し続けている。
路上生活者の住居を、都市の中の天然素材で作られた建築と捉え、
フィールドワークを行っている。
著書にカリスマホームレスの一人である隅田川の鈴木さんの生活を追った、
ノンフィクション「TOKYO 0円ハウス 0円生活」、
彼をモデルにした小説「隅田川のエジソン」がある。
現在「TOKYO 一坪遺産」が好評発売中。

WEB・書籍情報:http://www.0yenhouse.com/

質問はこちら

Q15.おじさんの夢はなんですか?(17歳 高校生 男性)

「鈴木さん」

鈴木です。
いよいよ最後の質問ですね。
夢ですか。
もう60歳超えちゃいましたからね。
そんな大きな夢なんてものはありません。
でもですね、
やりたいと思っていることはあります。
それはですね、
この私の生活を社会に対して広く伝えていきたいんです。

私は世間的に言えばホームレスです。
許可されていないところに勝手に住んでいます。
それは簡単に許されることではありません。
自分でもわかっているつもりです。

でも思うんです。
私の家の周りに、次々とそびえ立つ高層マンションを眺めながら。
目の前の日本一の高さの新東京タワーを眺めながら。
あんないつ倒れるかわからないような、
巨大なものを作るのが許されて、
人間が一人やっと入れるような、
路上の0円ハウスが許されないというのも、
ちょっとおかしいな、と。
そりゃ、彼らはちゃんと莫大なお金を払って、
土地を手に入れて、
法律に従って、それに反しないように、
建てています。
それは正しいです。

しかし、私は思います。
土地って、人間だけのものなのか、と。
お金を払えば、土地が自分のものになり、
自分の好きなように、建物を作っていいというのは、
人間の勝手な勘違いなのではないか。
第一、実はこの日本には、
もうすで家なんて余っているんです。
私は毎日、自転車で街を走っているから、
そのことはよくわかっています。

でも、お金がなければ、
そこに住むことはできない。
一方、お金を稼ぎたい人は、
どんどん高層マンションを作って、
それを売っている。
その結果、どんどん空き家が増えていくし、
お金がない、あなたたち若い人が住むような家は
どんどん小さくなって、私たちホームレスの家と
あまり変わらなくなってきている。

これはどう考えても矛盾しています。
だって、家って、人間が住むためのもんでしょ。
本質的に考えたら、お金を稼ぐ道具じゃない。
そして、お金持ちが高いお金を払って買った家をよく見てみると、
とても人間が住むような空間ではないんです。
コンクリートで埋め尽くされて、
すべて既製品で覆われている。

住む人が手を加えられる部分はどこにもなく、
壊れても、自分の手で修理することはできない。
これは家ではありません。ただの箱です。
ところがこの箱がバカに高い。
ほとんどの人は気軽に手に入れることができません。
だから、そんな人はずっと家賃を払い続けるんです。
たとえ買ったとしても、ローン地獄。

●小学館オンライン ⁄ ブックピープル
©Shogakukan Inc,2009 All right reserved.
No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。