坂口恭平のプロフィール

1978年熊本県生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。
在学中から、大規模な現代建築を設計する建築家に疑問を持ち、
人が本来生きるための建築とは何かを模索し続けている。
路上生活者の住居を、都市の中の天然素材で作られた建築と捉え、
フィールドワークを行っている。
著書にカリスマホームレスの一人である隅田川の鈴木さんの生活を追った、
ノンフィクション「TOKYO 0円ハウス 0円生活」、
彼をモデルにした小説「隅田川のエジソン」がある。
現在「TOKYO 一坪遺産」が好評発売中。

WEB・書籍情報:http://www.0yenhouse.com/

質問はこちら

Q15.おじさんの夢はなんですか?(17歳 高校生 男性)

だからこそ、いつも思うんです。
私はみなさんに、人間にとって本当に必要な家とはなんなのかを伝えたい、と。
商品になってしまったような箱の家ではなく、
人間の皮膚の延長線上にあるような家こそが、
今、この漠然とした不安の時代に必要なのだと。

地震が起きたらどうする?
経済破綻が起きたらどうする?
と不安の中で生きるのではなく、
どんな状態でも生き抜くことができる、
人間と一体化した家こそが今求められています。
私は、そんな家を作ることができたと自信を持っています。
だから、それを伝えたい。
もちろん、何千万円もお金を払ってマンションを買いたい人には、
とても理解できるものではないと思いますが、
そうではなく、「本当の家」について考えている人たちには
きっと伝わるはずだと期待しています。

本来、人間が住むための家に一生お金を払い続けるということは、
とてもおかしな現象です。
これをどうにか改めたい。
もちろん、私は政治的に何かを動かせるような人間ではありません。
だけど、無力ではない。
私が生きている姿、建てている家を、見せることで、
人々が何か感じてくれるはずだ。
経済がおかしくなってきている、今こそ、
私はやらなくてはいけない。
勝手に使命を感じています。

家は誰でも作ることができるんです。本当は。
そのことに気付いて欲しい。
家は、別に高い買い物なんかじゃありません。
いろんなものを転用すれば、
高校生のあなたでも手に入れることができるようなものなんです。
そうみなが感じられるようになったら、
どんな社会になるでしょう。
そこで、人はようやくどうやって働くか、
いかに生きるかと考えるのではないか。

だからこそ、私は隅田川でのホームレス生活を
やめたいとは思いません。
むしろ、この生活を実践することで、
人間の可能性を広げたいと思っているのです。
システムにがんじがらめになるのではなく、
個々人の生きる力によって、
社会生活を成立させる。
そのために一番重要なのが、
0円ハウスのような、
誰もが手に入れられる家であるということを、
生きながら、広く伝えていきたい。
それが、私の夢なんです。

●小学館オンライン ⁄ ブックピープル
©Shogakukan Inc,2009 All right reserved.
No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。