ほんとうに豊かに暮らすためのオーガニック料理バイブル

オーガニック料理のカリスマとして世界で最も注目を集めるアリス・ウォータースの

完全レシピ集の日本語版です。

著者は、40年前、カリフォルニア州バークレーに世界初のオーガニック・レストラン「シェ・パニース」を開店。

「地消地産」のコンセプトを生み出して、全米に「美味しい革命」を起こした料理家&食育研究家です。

シンプルで美味しいレシピと彼女の料理哲学のエッセイで構成された本書は、日本でもアメリカと同様、

長く使い続けられるベーシックでスタンダードな料理書です。

本の構成は、Part1が「レッスンと基礎レシピ」でソースやサラダ、

パンなどのつくり方が、Part2には「毎日の料理」と題して美味しくシンプルかつ

安全なオーガニック料理のレシピが300種類ほど並びます。

日本向けのエディションでは、レシピの野菜で国内で手に入らないものを代替できる食材を併記し、

計量も日本向けに換算しています。


アリス・ウォータース

1944年4月8日、ニュージャージー州・チャットハム生まれ。

カリフォルニア大学バークレー校でフランス文化を学び、1967年に卒業。

その後、ロンドンのモンテッソーリ・スクールに留学した経験を持つ。

家族は1983年に生まれた一人娘、ファニーがいる。

彼女が1971年にオープンした『シェ・パニース』は、日替わりのコースメニューが1種類だけというレストランで、このスタイルはウォータースのポリシーの、その時期に一番旬の、美味しいオーガニック食材を提供するという考え方を反映している。

この40年間に彼女が築いてきた、持続可能な食材を作ることに献身的な農家や牧畜家たちとのネットワークが、『シェ・パニース』に素晴らしい食材を安定して供給している。

1980年には、2階にオープンキッチンで、薪のピザ窯を備えたカフェをオープンし、1984年には同じバークレー市内に、朝食とランチを出す『カフェ・ファニー』を出店した。(2012年に閉店)

『シェ・パニース』が25周年を迎えた1996年には、「シェ・パニース財団」を設立。

バークレー市にある『マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・ミドル・スクール』で始めた「エディブル・スクールヤード」(食べられる校庭)という食農教育活動のサポートを行なっている。

財団についてはウエブサイトに詳しい。

 

(C) Shogakukan Inc. 2011 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。