この小論のタイトルを「竈と倭」としたのは、かまどの「ど」とやまとの「と」が同じことばだろうという推定にもとづいている。いずれも漢字で書けば「戸」「門」に当たる。どうせ漢字は意味をとっての当て字だから、竈は窯戸、窯門であってもいいし、倭は山戸または山門であってもよかっただろう。現に山門と書いて「やまと」と読む地名もある。当然ながら、こういう書き文字は日本列島に漢字が輸入された以後のはなしで、「と」や「ど」という発音と漢字の音とは本来無関係であるが、列島に住んでいた人びとが漢字を在来のことばに引き付けて音を仮託したのである。

 いまは、「やまと」を大和と書くことが多く、神奈川県の地名などに同字・同音があるが、大和といえば、ふつうは奈良県が意識される。大和朝廷という書き方も一般化している。しかし「やまと」はもともと普通名詞で、山の入り口を指すことばだから奈良盆地に限ったことではなかった。川や海の入り口が「み(水)の戸(または門)=みなと」というのに対応することばである。

 古代の中国人が朝鮮半島の南ないし東南の海中にあるクニを「倭」または「委」と表記したことは中国の史書によってよく知られている。しかし、中国の漢時代や三国時代の人びとがこれらの字で「やまと」という音を表わしていたかというと、そうは考えられない。「ワ」「イ」ないしそれらに近い音であっただろう。どこかで「ワ」「イ」と「やまと」が交差して同じ意味になっていったのである。その場所は、大陸側からすると「みなと」から上陸してさらに山の入り口にさしかかったところだったに違いない。ということは、『三国志』東夷伝の中の倭人に関する記述(俗に「『魏志』倭人伝」といわれるもの)の原情報が九州北部に住む人びとと彼らのクニに関する知識にもとづくものであった蓋然性が高い。

 現在の中国または朝鮮半島から日本列島に来た人がまず上陸するのが九州北部の「みなと」であり、そこからある程度まとまった人びとの定住するクニへ至る入口が「やまと」である。逆にいえば、日本列島にあるクニから朝鮮半島や中国大陸に渡る人びとは「やまと」を出て「みなと」に至り、海路でかの地に向かった。

 日本列島のクニに関する情報が中国に伝わったころ、そのクニはラ(羅)群の中の存在であったに違いない、と私は考えている。それが「竈と倭」の話の中心になるはずであったが、羅についての説明をしているうちに、ついつい「最後の羅」済州島の話が長くなってしまった。

「この連載、どこに向かっているんですかね?」

というのが、このコラム担当者Iさんのもっともな質問である。

「百回でいったん締めませんか」

というのが、これまたもっともな同氏の提案で、今夏の暑さにまいっている老生にもそれには異論がない。というわけで、大急ぎで倭はラのひとつだったという愚推の種明かしをすれば、それは江戸時代の天明4年(1784)に現・福岡市の志賀島で出土した金印(国宝。福岡市博物館蔵)の文字である。これが偽物ではないか、という説が行なわれたこともあるが、その後、同類の印が中国でいくつか発見され、いまは真偽を疑う人はあまりいない。

 この金印、『後漢書』の「東夷列伝」に、

建武中元二年、倭奴国朝賀を貢ぎ奉って、使人自ら大夫と称す。倭国は極南の界なり。光武賜うに印綬を以てす。

とあることから、紀元57年、後漢に来朝した使者に光武帝が下賜した印だと考えられている。この印面の文字が有名な「漢委奴国王」の5字である。

 漢帝は世界の支配者を自認していたから、異民族の諸国の支配者たちが来朝すると、改めて漢帝国の下の王であることを認定する印を下賜した。この金印の最初の「漢」と最後の「王」はそういうことを意味している。問題はまん中の「委奴国」をどう解釈するかである。倭と委は同じだというのが一般的な解釈で委も「ワ」と読むことが多いが、「イ」と読む人もいる。奴も「ナ」と読むのがふつうであるが、「ヌ」とも読める。このあたりは、邪馬台国論争ともからんで難しい議論のあるところだが、拙論の主旨にはとりあえず関係しないので、いまは通常の読み方に従って、委≒倭としておきます。

 右に引いた『後漢書』の文言には「倭奴国」と「倭国」というふたつの表現がある。後漢の朝廷の認識としては、南の果ての海との境界に倭人の国ぐにがあり、そのうちのひとつである「奴国」の使者がやってきたので、倭諸国中の奴国の王として認めよう、ということだったのではないかと思われる。というところで以下次回に。

【参考文献】
石原道博編訳『新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝 中国正史日本伝(1)』岩波文庫、1985
宋范曄撰・唐李賢等注『後漢書』中華書局、1964校点