第四章|多神教文明の興亡

第1話|ギリシア文明とは何か

2016.12.1 up

第112回

【写真】連載イメージ
25

西洋文化の源流となった
「ギリシア神話」とその神々(2)

【最大の英雄ヘラクレス】(承前)

ヘラクレスは、幼名を「アルケイデス」といい、前回述べたように、母アルクメネはゼウスに騙されて彼を妊娠した。しかし、本当の夫が翌日帰ってきて夫の子も妊娠したため、ヘラクレスはイフィクレス(Iphicles)という異父兄弟と共に双子としてこの世に生まれることとなった。

2016.11.15 up

第111回

第1話|ギリシア文明とは

何か

24西洋文化の源流となった

「ギリシア神話」とその神々

ここで改めてギリシア文化の源流にある神話について語りたい。

なぜなら後にギリシア文化はアレクサンドロス大王の遠征によって東方文化と合体し、ヘレニズム文化を生み、さらに後に発生したキリスト教文化と並んで...

2016.11.1 up

第110回

第1話|ギリシア文明とは

何か

23アリストテレスがアレクサン

ドロス大王に与えた影響

プラトンにおいては、「魂(Psyche プシケー 霊あるいは霊魂とも同義)」はイデアと同じく肉体とは別個に独立して存在するものであった。

既に述べたように、プラトンは学問を「想起(アナムネーシス)」と捉えていた。魂と肉体がそれぞれ独立して存在...

2016.10.17 up

第109回

第1話|ギリシア文明とは

何か

22プラトンの「イデア論」を

批判したアリストテレス

プラトン哲学の基本概念であるイデア論が分かりにくいと思うので、さらに説明しよう。

例えば、我々が日常目にするものの中で、「美しいもの」は確かに存在する。ものによっては、人の評価が「美しい」「美しくない」と対立する場合もあるが、万人が一致して「美しい」と評価するものは確かに存在する。

※【第1回】〜【第108回】の配信は終了いたしました

井沢元彦氏のライフワーク『逆説の日本史』が遂にコミック化!! 小学館のウェブサイト「P+Dマガジン」と月刊誌『本の窓』で大好評連載中です!!
本連載をまとめた単行本&電子書籍『逆説の世界史A一神教のタブーと民族差別』は全国書店&ウェブ書店で大絶賛発売中です!!
文庫本『逆説の日本史 別巻5 英雄と歴史の道』は全国書店&ウェブ書店で好評発売中です!!
文庫本『逆説の日本史 別巻5 英雄と歴史の道』は全国書店&ウェブ書店で好評発売中です!!
オーディオブック版『逆説の日本史A古代怨霊編 聖徳太子の称号の謎』がオトバンクから大好評配信中です!!