Ise Jingu and the Origins of Japan 日本の源流「伊勢神宮」 Miori Inata 稲田美織

Ise Jingu and the Origins of Japan is the result of over a decade of work by photographer/author Miori Inata. It is an introduction toJapan’s most revered religious site, Ise Jingu, and a photographic record of its unique, fascinating twenty-year ritual of renewal and rebirth. It is also a personal narrative describing the basic philosophy of the country’s indigenous religion of Shinto, and how its naturalistic approach to harmony and sustainability can offer some lessons for living in today’s increasingly complex world. As readers follow the flow of the Isuzu River from its source, through the sanctuary’s environs, rice fields and on to the sea, then watch the long renewal process unfold, they will learn how this area has proven to be a fertile and protected home for the kami (deities) of Japan for some two millennia. As the destination for millions of pilgrims since ancient times, Ise Jingu is surely the soul of Japan - and it has never been so richly described and lovingly photographed as in this book.

『日本の源流 伊勢神宮』は写真家であり作家の稲田美織が10年以上に及ぶ伊勢神宮での撮影を経て、出版された本です。それは、日本でもっとも敬われている伊勢神宮を紹介すると共に、20年に一度行われる世界でも類を見ない、更新のおまつり「式年遷宮」の写真としての記録でもあります。 現在、様々な問題に直面している世界の中で、その日本固有の哲学である神道に基づいた物語は、人々はどのように生きていったらよいのか、自然と調和し、真に持続可能な世界を築くにはどのようにすればよいのか、という課題に対するひとつの提案でもあります。

五十鈴川の源流から、神さまの森、神聖なる区域である神域、神さまに捧げられる稲や塩を作る神宮神田、御塩浜、そして海へと、読者の方は写真と文とともに旅することになります。すると2千年間にわたり、神さまの鎮座するお宮を守り、この五十鈴川の流域で暮らす人々がどのようにして、この自然の循環の中で豊かに育まれているのかを知ることができるのです。

古代から、多くの参拝者が訪れてきた日本人の魂の源郷である伊勢神宮が、この本の中では写真と文によって、愛情を込めて豊かに綴られています。

Miori Inata

Miori Inata graduated from Tama Art University in Tokyo, having majored in oil painting. She taught fine arts for a number of years in Tokyo before relocating to New York in 1991. After a photography course at Southampton University, she began her career with a camera, focusing on the people of New York and the city’s culture. Her life changed after watching the tragic events of September 11, 2001 from her apartment window, and she began what was both a personal and professional pilgrimage-travelling the world to photograph sacred religious locations in order to understand the relationship between humans and deities and find the key to peace. This eventually led her to the most revered site of Japan’s Shinto religion, Ise Jingu, where she spent over a decade capturing its essence through its rituals and ceremonies.
This is Inata’s sixth book (her first in English). Her photographs have appeared in a number of periodicals, including the Washington Post, Vogue Japan and Aera. She has held exhibitions at the United Nations, Columbia University, Brooklyn Botanical Garden, Harvard University, Tokyo National Museum, Shanghai Asian Society, the Israel Museum and many other locations.
Visit her website at www.mioriinata.net

稲田美織

東京の多摩美術大学・油絵科を卒業し、1991年にニューヨークに移り住む前に東京で美術教師をしていた。そして、サウスハンプトン大学で写真のコースを学んだ後、写真家として、ニューヨークで活動を開始した。ニューヨークの風景や人々、文化の数々を撮影していた。しかし、2001年9月11日、自宅アパートの窓から、貿易センタービルで起こったテロの一部始終を目撃し、彼女の人生が一変した。その後、彼女は、神さまが人類をどこに導こうとされているのかを理解するために、そして、平和への鍵を求めて、世界中の聖地に巡礼を開始した。テロから4年後、伊勢神宮に導かれて以来12年間撮影を続けている。
この本は稲田にとって6冊目の本になるが、英語による本は初めてである。彼女の写真は様々な媒体に掲載されてきた。新聞ではワシントンポスト紙、ジャパンタイムズ紙、読売新聞、朝日新聞、雑誌ではアエラ、Vouge、SAPIO、サライ、瑞垣などがある。
また、国連、東京国立博物館、イスラエル美術館、ハーバード大学、コロンビア大学、ブルックリン植物園、ワシントンDC Hillyer Art Space、ニコンサロン、東京農大農と食の博物館などにおいて展覧会も開催された。
著書に「水と森の聖地 伊勢神宮」「奇跡に出逢える世界の聖地」(小学館刊)など。

ウエブサイト www.mioriinata.net


ISBN978-4-09-103237-9

定価 本体2,000円+税

詳細はこちら
リンク