4 月読宮・月夜見宮 別宮 伊勢市中村町、宮後町

 月を読む、ツキヨミ、ツクヨミ。
 神秘的な名前は、透明な月の光をも思わせます。
 満月の夜、鏡のように澄みきった光と闇は、むしろ昼間よりも鮮明です。古代人は、その光を月影と呼びました。影だけれど、光。それは、どこか月夜見尊つきよみのみことという神さまと重なります。
 神話では、黄泉よみの国から戻った伊弉諾尊いざなぎのみことが、川でみそぎをした際、左眼を洗うと、天照大神あまてらすおおみかみ、次に右眼を洗うと月夜見尊、鼻を洗うと素戔嗚尊すさのおのみことが生まれたと伝えます。
 この神々は、特に貴い三兄弟という意味で「三貴子さんきし」と呼ばれました。
 姉神の天照大神は、高天原たかまがはらを、月夜見尊は「夜の食国おすくに」つまり月が巡る夜を、素戔嗚尊は大海原おおうなばらを治めるように父神の伊弉諾尊に命じられました。
 以来、昼は天照大神が、夜は月夜見尊が治めることになったのです。
 しかし、神話には姉神の天照大神と弟神の素戔嗚尊はよく描かれているにも関わらず、真ん中の月夜見尊はほとんど登場しないのです。月夜見尊が、「三貴子」のなかで影が非常に薄いのはなぜでしょうか。
 この点については、心理学者の河合隼雄はやお氏が、著書で日本神話の「中空ちゅうくう構造」と分析しています。中空とは中心がないのではなく、用をなさないことによって均衡が保たれているということです。
 姉神の天照大神と末弟の素戔嗚尊の場合は、素戔嗚尊が天照大神に会いに高天原にやってきたときに対立します。また、よく知られる海幸彦・山幸彦の物語も長兄の海幸彦は、末弟の山幸彦が釣り針を失くしたことで対立していますが、真ん中の兄弟については何も語られていません。
 河合氏は、「小集団においても、日本人は中心統合構造の中心のようなリーダーを嫌う傾向がある。集団の長となる者は、全体をリードする者ではなく、全体の調和をはかる者として期待される」とし、そして全体の調和を図るための中空的な存在が重要だと指摘しています。月夜見尊は、表立った活躍はしませんが、じつは存在していることが大きな役割を担っていたということです。
 満ち欠けを繰り返す月は、「暦」になります。月の暦では月の出ない日は朔日、一日です。そこから三日月、半月となり、十五、十六日に満月を迎えます。伊勢神宮の一年で最も重要な神嘗祭かんなめさいがかつては旧暦九月十五日、十六日の夜に行われたのも、満月の夜に合わせてのことなのです。
 そして、月が満ちると、今度は欠けていきます。旧暦のひと月は月が満ち欠けをする二十八、二十九日周期。農耕をする人々に月は欠かせない暦でした。
 この月夜見尊は、山形県の出羽三山の主峰、月山がっさんにもまつられています。月山は飛鳥時代、都から逃れた蜂子はちこ皇子が湯殿ゆどの山、羽黒山とともに開山したと伝わります。そして月山のふもと、庄内地方にはこの蜂子皇子が五穀の種をもたらしたといわれているのです。標高二千メートル近い月山は、この地域の水源にもなっており、開祖の蜂子皇子の伝承とともに、農耕との関わりの深さを物語っています。
 太陽は直接見ると目を傷めてしまいますが、月光は優しい。月の夜をイメージしたのか、伊勢には月夜見尊のこんな物語が伝わっています。
 伊勢には内宮の別宮、月読宮と、外宮の別宮、月夜見宮の二つのツキヨミノミコトの宮があります。
 外宮と、その北にある月夜見宮は三百メートルほどの真っ直ぐな道が通っています。その道は、神さまが通る「 神路かみじ 通り」と呼ばれています。なんでも夜になると、月夜見尊が石垣の石を一つ白馬に変えて、馬に乗って外宮へ通うのだとか。それで伊勢の人々は夜、この道は通らず、また昼間でも道の真ん中は神さまが通るとして中央は歩かないのが習わしになったといいます。
 日本神話ではほとんど語られない月夜見尊がここでは、しっかりと白馬に乗る男神として存在感を示しているのです。ツキヨミノミコトをまつる月読宮と月夜見宮には、神宝として木彫の 彫馬えりうまを供えることも影響したのかもしれません。それにしても、月夜見尊は外宮のどの神のもとに通われるのでしょうか。


参照文献
『神話と日本人の心』河合隼雄著 岩波書店 2003