INDEX

第一回 石川五右衛門 公開終了

第二回 ユーリ・ガガーリン 公開終了

第三回 ビンラディン 公開終了

第四回 小野小町 公開終了

第五回 頭山満 公開終了

第六回 キュリー夫人 公開終了

第七回 フリードリヒ・エンゲルス 公開終了

第八回 アルフレッド・ノーベル 公開終了

第九回 武蔵坊弁慶 公開終了

第十回 バラバ 公開終了

第十一回 グリゴリー・ラスプーチン 公開終了

第十二回 クォン・デ 公開終了

第十三回 坂本龍馬 公開終了

第十四回 飯島ショッカー 公開終了

第十五回 アンドレ・ザ・ジャイアント 公開終了

第十六回 ブッダ 公開終了

第十七回 アドルフ・アイヒマン 公開終了

第十八回 江青 公開終了

第十九回 ベートーヴェン 公開終了

最終回


チェ・ゲバラ 前編
チェ・ゲバラ 後編

■著者プロフィール
森達也(もり・たつや)
映画監督、作家。1998年、テレビ・ディレクター時にドキュメンタリー映画『A』を公開。世界各国の国際映画祭に招待され、高い評価を得る。2001年、続編『A2』が、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。著書に、『「A」マスコミが報道しなかったオウムの素顔』(角川文庫)、『A2』(現代書館)、『A3』(集英社インターナショナル)、『下山事件』(新潮社)、『死刑』(朝日出版社)、『いのちの食べかた』(理論社)など。映画監督、執筆活動の他、テレビ、雑誌、講演、大学教授など幅広く活躍する。映像・活字両面で、いま最も注目を集める作家。
2011年7月15日、『A3』が講談社ノンフィクション賞を受賞!!


私たちの目の前に厳然と横たわる“死”。時の権力者も、屈強な男も、美しい女も、そこから決して逃れることはできない。ノンフィクション作家の森達也が、歴史人物の“死”から、それを取り巻く社会を俯瞰。石川五右衛門など誰もが知っている最期から、意外な終末を迎えた人物まで、古今東西さまざまな臨終劇を題材に、死刑制度、メディアの在り方、群衆心理、男女の深淵──社会の本質に鋭く斬り込むフィクション。


最終回 チェ・ゲバラ前編1







 瞼を刺すまばゆい光にチェは目を開けた。薄いレースのカーテン越しに朝日が差し込んでいる。ホテルの一室のようだ。ベッドに横になったまま、チェはゆっくりと室内を見回した。広くはないが綺麗な部屋だ。よく糊のきいたシーツも清潔だ。でもどこのホテルだろう。そもそも自分は昨夜、何をしていたのだろう。
 再び眼を閉じかけてから、チェは激しい勢いで上体を起こす。自分がどこにいたかを思い出したのだ。ボリビアのチューロ渓谷近くにあるイゲラ村の小学校だ。政府軍兵士が撃った機関銃で足を負傷して、逃げる途中で拘束された。後ろ手に縛られて、さらに毛布でぐるぐる巻きにされた。足の怪我はそのままだ。
 教室の床に転がされながら考えた。ボリビアには死刑はない。でも反政府軍を率いていた自分が、生きたまま裁きを受けるとは思えない。おそらくはここで処刑されるはずだ。39年の生涯がもうすぐ幕を閉じる。長いのだろうか。短いのだろうか。過ぎてしまうとよくわからない。仕方がない。いつかはこんな日が来るとわかっていたはずだ。あのまま第二の故郷であるキューバにとどまるべきだったのか。でもそれはできなかった。全世界を社会主義化する。それは母セリアの願いであり、最初の妻イルダの夢でもあり、自分の希望でもあった。そのためにボリビアに来た。誰に強制されたわけでもない。自分で選んだ人生だ。足の出血は続いている。毛布は血でぐっしょりだ。少しずつ意識が遠くなる。

 ベッドの上で上体を起こしたその姿勢のまま、チェはもう一度部屋の中を見渡した。静かだった。硝煙の匂いもしない。窓の外からは鳥の鳴き交わす声が聞こえる。

 チェの本名はエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。チェは愛称だ。日本語でそのニュアンスを伝えることは難しいけれど、敢えて翻訳すれば「ダチ」。
 1928年にアルゼンチン第二の都市であるロサリオで生まれたチェは、早産だったこともあって生まれつき病弱だった。父であるエルネスト・ゲバラ・リンチと母であるセリア・デ・ラ・セルナは、経営していたマテ茶農園を処分して大きな病院のあるブエノスアイレスに移るが、チェの健康状態は好転しない。しかも喘息の発作も起こし始めた。造船業を始めていたエルネストは経営権を売却して、アルゼンチンでは避暑地として有名なコルドバのアルタ・グラシアに転居することを決意した。
 しかしその後もチェの喘息は悪化するばかりで、結果として小学生時代のチェは、ほとんど学校に通えなかった。教師に代わって彼を教育したのは、母親であるセリアだった。
 チェがハイスクールに進んだ1941年、太平洋戦争が勃発した。そして戦争が終結した翌年である1946年、軍人出身のホアン・ドミンゴ・ペロンが、アルゼンチン大統領に就任した。
 自らの支持母体である労働組合の保護や労働者の賃上げ、女性参政権の実現に外資系企業の国営化などの政策を、ペロンは就任後に推し進めた。いわゆる左翼政権ではあるけれど、陸軍時代に駐留していたイタリアでムッソリーニの影響を強く受けていたペロンは、反対派を強制収容所に投獄するという独裁的な要素もあった。
 セリアは聡明で強い女性だった。敬虔なカトリック教徒であることが当たり前のアルゼンチンで無神論者であることを隠さず、また社会主義者であることも公言していた(後に、キューバで革命を成し遂げたチェに送った手紙で彼女は自分を、「全世界が社会主義になることを期待している一人の老女」と表現している)。この時期に国民から強い支持を受けていたペロンの社会改革がポピュリズム的な大衆迎合であることをセリアは早くから見抜き、いずれはムッソリーニ的なファシズム政権になるはずだとチェに教えていた。
 1948年、チェはブエノスアイレス大学医学部に入学する。在学中に南アメリカを放浪する旅を経験し、1953年には医師免許を取得した。しかしセリアの予測どおりに独裁制を強め始めていたペロン政権下で働くことを忌避したチェは、卒業後に再び南アメリカを放浪する。
 政権が嫌だから他国に行く。とても自由だ。アルゼンチンで生まれながらキューバ革命の英雄となり、最後はボリビアのジャングルで死んだチェ・ゲバラの生涯を考えるとき、この国家観は重要なポイントだ。ブラジルを除くラテンアメリカ諸国のほとんどがスペイン語圏であることも要因だろうが、チェはその生涯を通して、一つの国家に縛られない姿勢を貫いた。言い換えれば、国境への拘りがほとんどない。すべて同朋なのだ。
 2度目の旅でチェは、グアテマラやメキシコで街頭写真屋やセールスマンや病院の下働きなどで生計を立てていた。今でいえばモラトリアムだ。ペルーではハンセン病の療養所で働いている。多くの国々でチェは、ラテンアメリカの矛盾や暗部を見た。資本家や政治家に搾取され、苦悶の声をあげる貧しい人たちと出会った。
 1954年、チェは後に最初の妻となるイルダ・ガデアにグアテマラで出会う。ペルー大学の経済学部を卒業した彼女は、共産党員であると同時に革命運動に身を投じたためにペルーを追われ、このときはグアテマラに亡命していた。二人の出会いと自分の役割についてイルダは、後に以下のように回想している。
「妻としてのわたしは、彼が自分の胸に描いていたことを明確に把握させるために貢献したと信じています。彼がわたしと知り合ったとき、彼にとって革命は抽象的、理論的なものでしたが、わたしにとっては革命とはつねに、わたしの抗議の生活の目的でした」(「潮」1968年7月号)
 実際にチェは、イルダから大きな影響を受けた。革命家として生きることを決めたのも、おそらくはこの時期だ。その意味では母と妻によって、革命家チェ・ゲバラは造形されたということになる。
 彼に限ったことではない。ジョン・レノンにはヨーコがいたし、ボブ・ディランはスーズ・ロトロ(社会改革運動家)やジョーン・バエズなど恋人たちの影響を受けてプロテストソングを歌い始めた。サルバドール・ダリの奇行の多くは妻であるガラの指示のもとに行われていて、ガラが死んだときに「人生の舵を失った」と発言したダリは、以降は創作活動をいっさい停止した。
 男は女によって造形される。もちろん逆の場合もある。でも(作者は最近つくづく思うのだけど)女が男に影響を受ける割合よりも、男が女に影響を受ける割合のほうが絶対に高い。
 イルダはチェに社会主義の優越性や革命の必要性について語り、差別や貧困に苦しむ人々を救わねばならないと訴え、自分の知り合いの運動家や革命家、そして多くの亡命キューバ人を紹介した。こうして1955年、政治犯として祖国キューバの刑務所から出所したばかりのフィデル・カストロとチェは、メキシコで出会うことになる。このときチェは27歳。そしてカストロは29歳だ。


最終回 チェ・ゲバラ 前編     次へ