INDEX

第一回 石川五右衛門 公開終了

第二回 ユーリ・ガガーリン 公開終了

第三回 ビンラディン 公開終了

第四回 小野小町 公開終了

第五回 頭山満 公開終了

第六回 キュリー夫人 公開終了

第七回 フリードリヒ・エンゲルス 公開終了

第八回 アルフレッド・ノーベル 公開終了

第九回 武蔵坊弁慶 公開終了

第十回 バラバ 公開終了

第十一回 グリゴリー・ラスプーチン 公開終了

第十二回 クォン・デ 公開終了

第十三回 坂本龍馬 公開終了

第十四回 飯島ショッカー 公開終了

第十五回 アンドレ・ザ・ジャイアント 公開終了

第十六回 ブッダ 公開終了

第十七回 アドルフ・アイヒマン 公開終了

第十八回 江青 公開終了

第十九回 ベートーヴェン 公開終了

最終回


チェ・ゲバラ 前編
チェ・ゲバラ 後編

■著者プロフィール
森達也(もり・たつや)
映画監督、作家。1998年、テレビ・ディレクター時にドキュメンタリー映画『A』を公開。世界各国の国際映画祭に招待され、高い評価を得る。2001年、続編『A2』が、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。著書に、『「A」マスコミが報道しなかったオウムの素顔』(角川文庫)、『A2』(現代書館)、『A3』(集英社インターナショナル)、『下山事件』(新潮社)、『死刑』(朝日出版社)、『いのちの食べかた』(理論社)など。映画監督、執筆活動の他、テレビ、雑誌、講演、大学教授など幅広く活躍する。映像・活字両面で、いま最も注目を集める作家。
2011年7月15日、『A3』が講談社ノンフィクション賞を受賞!!



最終回 チェ・ゲバラ

後編2


 議事堂前の駐車場で車から降りかけたチェは、中津川に議員バッジは付けなくてよいのかと質問した。ほぼ半世紀前に彼が会った日本の国会議員はすべて、背広の襟に金色の議員バッジを付けていたはずだ。中津川はじっとチェの顔を見つめている。
「昨日までは付けたくないと仰っていましたが……」
「そもそも私は、どの政党に所属しているのだ」
 質問されて中津川はにっこりと笑う。やはりジョークだと思っているようだ。
「それは大切なことですね。確かにずっと、共産党にするか社民党にするかで悩んでおられました」
「結論は?」
「無所属です」
 車から降りると同時に多くのカメラマンが、「ゲバラだ」「ゲバラが来たぞ」などと言い合いながら、脚立を手に走り寄ってきた。円谷プロの怪獣が現れたようだ。フラッシュが光る。玄関前には背広姿の若い男たちが、記念写真のように並んでいる。和服の若い女性も少なくない。いずれも議員バッジを胸に付けている。ずいぶん若い議員たちだ。以前とはだいぶ様相が違う。
「政治に興味を持つ若い世代が増えたのか」
 議事堂に向かって歩きながらチェは、傍らの中津川に言う。
「それはとてもよいことだ」
「……まあそうですね」
 微妙な返事だ。横を見れば中津川は、何となく複雑な表情だ。
「政治家へのハードルがとても低くなったことは確かです」
「よいことではないか。私がキューバの代表として初めてこの国に来たのは31歳の時だ。日本の議員や役人たちの多くは、こんな若造が使節団の代表なのかと驚いていた」
「政治家としてのしっかりとしたモティベーションを持つ若い世代が政界に進出するのなら、それはもちろんよいことです」
「意味がよくわからないな。政治家は簡単になれるものではない。ましてこの国では普通選挙がある」
「多くの人々が正しい判断をするとはかぎりません」
 中津川は言った。その表情からは頬笑みが消えている。どういう意味だと訊き返そうとしたとき、いきなり目の前でフラッシュが光る。腕章を付けた記者がすぐ横でカメラを構えている。
「ゲバラさん、初登院の感想を一言お願いします!」
 あわててチェとカメラマンのあいだに分け入ろうとする中津川を制しながら、チェは言った。
「私は、私の母と最初の妻との約束を果たすために政治活動を続けている」
「どんな約束ですか」
 答えかけたチェの腕を、中津川があわてて引く。「こっちです。もう時間がありません」
 小走りに議事堂に入りながら、「なぜ喋らせないのだ」とチェは不満そうに言う。
「この国を社会主義化したいと仰るつもりですよね」
「当然だ」
「その瞬間にあなたの政治生命は終わります」

 ボリビアやベネズエラなどラテンアメリカの国々では、社会主義は確かに定着しかけている。でもそれは、(かつてチェやカストロが夢想した)マルクス・レーニン主義に基づく革命路線とは違う。もっと現実的だ。1970年のチリに於けるサルバドール・アジェンデ政権成立は、(アジェンデへの評価はともかくとして)きわめて平和的に遂行された。チェやカストロたちが目指した農村ゲリラ革命はすでに時代遅れになっていた。
 ソビエト連邦崩壊後にキューバの経済は大打撃を受け、海を渡ってアメリカへの亡命を図る人々が増加した。やむなくカストロ政権は宗教の自由化を宣言し、土地の私的所有や国営企業の民営化など市場原理の導入に踏み切った。
 残された社会主義大国である中国も事情は同様だ。市場原理を取り入れなければ政権はもたない。大多数の国民から支持されない。結局のところプロレタリアート独裁は理論であり、世界同時革命は夢物語だったのだ。

 認めねばならない。マルクス・レーニン主義は市場原理に負けたのだ。

 初登院からは3カ月が過ぎた。中国や韓国や北朝鮮など周辺諸国との安全保障問題、新政権にとっての宿願である憲法改正問題、国内の経済復興に原発再稼働を焦点とするエネルギー問題など、解決せねばならないイシューは山積している。新内閣へのご祝儀としての支持率も、いつのまにかいつものように低下している。
 ただしチェの人気は変わらない。いまやこの国で最も人気がある政治家だ。行く先々でメディアが待ちかまえている。国会で質問したときには、新聞各紙は一面にその写真を大きく載せた。先週もテレビでは「チェ・ゲバラ議員に密着1週間。意外なその素顔!」とのタイトルで特番が放送されたばかりだ。週刊誌は毎週のようにチェの話題を載せている。それも好意的な記事ばかりだ。
「申し訳ありませんが、それは無理です。はい。本人もそう申しています」
 そう言ってから携帯のスイッチを切る中津川に、ベッド脇のテレビ画面を眺めながら「誰からだ」とチェは訊いた。
「女性週刊誌です。AKB48と一緒にグラビアを撮らせてもらえないかとの依頼でした」
「そうか」
「断ったけれどよろしいですね」
「もちろんだ」
「それと先日、ソフトバンクから白戸家の新しい一員として出演してもらえないかとの依頼がありましたが」
「白戸家とは何だ」
「CMです。お父さんは犬です」
「なんだかよくわからない。とにかく断ってくれ。次の予定は何だ」
「読売新聞のインタビューです」
 うなずきながらチェは肩で息をついた。どうやら自分はカリスマになりかけている。街を歩けば多くの人に囲まれる。メディアからの取材依頼は断りきれないほどだ。ところが社会主義者であることを口にできないジレンマを抱えている。
 ならば起死回生の一策がある。人々を扇動すればよいのだ。邪悪な敵を発見して、その敵を殲滅するリーダーだと人々に思わせればよい。ある意味で政治家の常套手段だ。歴史的にもそんな事例はいくらでもある。しかも今は、キューバ革命の時代にはなかったネットやSNSがある。これらの手法にテレビや新聞などのメディアを使えば、今の自分にとって、この国のカリスマ的リーダーになることは難しくはない。独裁者になることも夢ではない。ならば他国では果たせなかった本当の社会主義を、この国で実現できるかもしれない。
 だから悩む。それでよいのだろうか。それはこの国の人たちにとって、最上の選択なのだろうか。

「君に訊きたいことがある」
 インタビューを終えてメモをカバンにしまう読売新聞の記者に、チェは思いつめた表情で言った。
「何でしょう」
「選挙前、君のところの新聞は、『自公が圧倒的に優勢』と予測記事を書いていた」
「はい。アンケートの結果です」
「君のところだけではない。他紙もすべて、自公大勝利の予測記事を一面に書いた。そして実際にそうなった」
「はい」
「だから不思議なのだ。これほどにメディアが一方的な勝利を予想するならば、普通はその逆に動くと思うのだが」
「それはアンダードッグ効果ですね」
 記者は言った。「日本語では『判官びいき』です。Aが優勢と報道されれば劣勢なBを応援したくなるという人間心理。96年の衆院選などが典型です。だから新聞やテレビなどで優勢などと報道されることを、これまで党や候補者は嫌っていました。でもここ数年は、まったく事情が変わりました。むしろ反転しています。優勢と伝えた党や候補者に、さらにより多くの票が集まるようになってきたんです。これをバンドワゴン効果といいます」
 バンドワゴンとはパレードなどで先頭を走る車のことだと説明してから記者は、「秘密保守が不完全で誰に投票したか分かるかもしれないとの恐れがあるとき、バンドワゴン効果は強く働きます」と言った。チェはうなずいた。
「そのとおりだ。だから独裁国家などで建前としての選挙が行われるとき、その現象が現れる。しかしこの国は独裁国家ではない。強圧的な社会主義国家でもない」
「多数派につきたいとの心情でしょうね。つまり集団化。特にオウム事件以降、集団になりたいという意識が、集合無意識的に現れていて、それが東日本大震災でさらに加速しています」
 じっと二人の話を聞いていた中津川が言った。
「集団は異物を捜します。捜してこれを狩りたくなります。在特会などに代表されるネット右翼がそうですね」
「彼らは右翼なのか」
「そう呼ばれているだけだと私は思います。民族派的な信条や思想はほとんどありません。少数派を攻撃して溜飲を下げたいだけなのでしょう」
「そんな心性が今の政権を支持している。強い政治家を求めている…」
「仕方がありません。それがこの国の選択です」
 言ってから中津川は、テーブルの上のお茶を片づける。一礼して部屋を出ようとする記者に、チェはまた声をかける。
「なぜ日本人の多くは多数派につきたいのだろう」
「不安だからでしょう。そもそもそういう国民性もありますが……」
「何が不安なのだ。これほどに豊かで治安もよいのに」
「……私にはそれ以上はわかりません」
 言ってから記者は部屋を出て行った。


前へ 最終回 チェ・ゲバラ 後編     次へ