INDEX

第一回 石川五右衛門 公開終了

第二回 ユーリ・ガガーリン 公開終了

第三回 ビンラディン 公開終了

第四回 小野小町 公開終了

第五回 頭山満 公開終了

第六回 キュリー夫人 公開終了

第七回 フリードリヒ・エンゲルス 公開終了

第八回 アルフレッド・ノーベル 公開終了

第九回 武蔵坊弁慶 公開終了

第十回 バラバ 公開終了

第十一回 グリゴリー・ラスプーチン 公開終了

第十二回 クォン・デ 公開終了

第十三回 坂本龍馬 公開終了

第十四回 飯島ショッカー 公開終了

第十五回 アンドレ・ザ・ジャイアント 公開終了

第十六回 ブッダ 公開終了

第十七回 アドルフ・アイヒマン 公開終了

第十八回 江青 公開終了

第十九回 ベートーヴェン 公開終了

最終回


チェ・ゲバラ 前編
チェ・ゲバラ 後編

■著者プロフィール
森達也(もり・たつや)
映画監督、作家。1998年、テレビ・ディレクター時にドキュメンタリー映画『A』を公開。世界各国の国際映画祭に招待され、高い評価を得る。2001年、続編『A2』が、山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞・市民賞を受賞。著書に、『「A」マスコミが報道しなかったオウムの素顔』(角川文庫)、『A2』(現代書館)、『A3』(集英社インターナショナル)、『下山事件』(新潮社)、『死刑』(朝日出版社)、『いのちの食べかた』(理論社)など。映画監督、執筆活動の他、テレビ、雑誌、講演、大学教授など幅広く活躍する。映像・活字両面で、いま最も注目を集める作家。
2011年7月15日、『A3』が講談社ノンフィクション賞を受賞!!



最終回 チェ・ゲバラ

後編3


「この国で社会主義化は難しい」
 それから1ヵ月が過ぎたころ、トヨタのロイヤルサルーンの深々としたリアシートに座りながら、チェはふいに言った。隣に座る中津川は、手にした新聞紙面からチェに視線を移す。車が信号で停まるたびに、チェに気づいた通行人が嬉しそうに携帯のカメラレンズを向けてくる。
「その理由は君にわかるか」
「……既にある意味で為されています」
「そのとおりだ」
「ゴルバチョフがかつてそう言ったとの説がありますね。彼がどのような意味で言ったのかはわかりませんが……」
「制度やイズムではない。この国の人たちは資質的に社会主義に向いているのだ。そしてそれはとても危険なことでもある」
 革命戦士時代にチェは、熱狂する人々の姿を何度も目撃してきた。何かのきっかけで人々は高揚する。集団になればなるほどその勢いは加速する。その熱に水をかける人がもしいればバッシングされる。本来ならメディアが抑制すべきだが、この状態になれば逆に煽る。なぜならそのほうが部数や視聴率に結びつくからだ。
 かつてナチスドイツもそうだった。当時においては「世界で最も民主的な憲法」と謳われたワイマール憲法を掲げながら、あくまでも普通選挙によって、ヒトラーは権力の頂点に登り詰めた。つまり民主主義(市場原理)が独裁や全体主義を促進する。なぜなら人々が熱狂によって変わるからだ
「キューバの特産品であるサトウキビの天敵は知っているか」
「何でしょう。虫でしょうか」
「バッタだ。時おり大発生する。そしてこのときバッタは、とても凶暴になる。しかも形まで変わる」
「相変異ですね」
「よく知っているな」
「大学では生物学を専攻していましたから。いわゆる飛蝗現象といいます。サバクトビバッタなどが有名ですね。エリア内の個体数がある閾値を超えたとき、バッタは互いにフェロモンを出し始めて集団化が加速します。それぞれの個体は色が黒くなって翅が長くなるなどの変異を起こし、食性は貪欲になって集団で獲物を求めます」
「……それはバッタだけの現象なのか」
「一応はそういうことになっています」

 翌週、チェは議員辞職を宣言した。当然ながら大きな騒動になった。
「みなさんの期待に背いて申し訳ないと思う」
 記者会見の場でチェは言った。
「しかし私は独裁者になりたくない。自分が欠点だらけの男であることは知っている。しかも社会主義化への希望をまだ捨てていない。母と先妻との約束を果たしたい。でも私のその理想は、この国に持ち込むべきではない」
「なぜですか」
 記者の一人が訊く。
「この国の政治にはあきれた。支持率調査という市場原理でトップは数年おきにころころと変わる。これでは他国からまともな交渉ができないと思われても仕方がない。すべてとはいわないが政治家の質も低い。あまりにも勉強不足だ。しかも勉強しようとの気概がない。頭の中は次の選挙のことでいっぱいだ。政治家として何ができるかではなく、政治家であり続けることにしか関心はないようだ。そして選挙では毎回のように、一時のブームで政治に関心も資質もない人たちが当選する。だからまたトップが変わる。長いスパンで政治ができなくなる」
 そこまで言ってから、チェはゆっくりと記者たちを見回した。
「この国の政治を変えたいと思っていた。でも気がついた。国民が優秀なのに政治家たちがダメなはずがない。これもまた市場原理だ。もしもこの国の政治が三流であるならば、その市場である国民が三流なのだ」
 さすがに声はない。一人の記者が手をあげて、「国民が三流とのその言葉を、そのまま紙面に載せてよいのですか」と確認した。
「誤解してほしくないが、一人ひとりの日本人はとても優秀だ。しかも優しい。とても細やかだ。問題は集団になったときだ。この国の人たちはその瞬間に大きな過ちを犯す。熱狂しやすい。それはもちろん、人類全般に共通する現象だ。でもこの国はその傾向が強い。多くの人が多数派に付きたがる」
「具体的に言ってください」
「あなたたちの歴史がそれを示している。私が言うことではない」
「この国の人たちが熱狂的というのなら」と記者は言った。チェの言葉がよほど腹にすえかねたらしい。「ラテンの人たちはそれ以上に熱狂的ですよ。私はかつてリオのカーニバルを見たことがあるけれど、あきれるくらいに熱狂的でした」
「確かにラテンは熱狂する」とチェは言った。「でもリオのカーニバルのように、一人ひとりが自分のやりかたで熱狂する。日本は盆踊りだ。全員で規律正しく、画一的に熱狂する。だから危険なのだ」
「あなたはかつてキューバを捨てた。そしてまた日本を捨てるのですか」
 質問した記者を、チェは静かに見つめ返す。
「私はこの国を愛している。それ以上を語る言葉を持たない」

 ぼくはキューバ革命において、その地でぼくに課せられた義務の一部を果たしたと思う。で、きみに、同志に、そしてきみの、いまはぼくのものである国民に、別れを告げる。党指導部における地位、大臣の地位、少佐の位階、キューバの市民権を、ぼくは公式に放棄する。(中略)いま世界のほかの国が、ぼくのささやかな力添えを望んでいる。きみはキューバの責任者だからできないが、ぼくにはそれができる。別れの時がきてしまったのだ。(中略)きみやわが国民に言いたいことは尽きないのだが、その必要もないようだ。言葉はぼくのいわんとすることを表現できないし、これ以上は紙をよごすに値しない。
 永遠の勝利まで。祖国か死か。
 ありったけの革命的情熱をこめてきみを抱擁する。
『フィデル・カストロへの最後の手紙』
 
「あなたにとっての祖国はどこですか」
 椅子から立ち上がりかけたチェに一人の記者が訊く。ゆっくりとその記者に視線を送ってから、チェは静かに言った。
「アルゼンチンだ。キューバも祖国だ。ボリビアもペルーもメキシコも祖国だ。もちろん今はこの国だ。明日は中国かもしれないし北朝鮮かもしれない。バスクに帰るかもしれない。アメリカの可能性もある。世界中すべての国が、私を必要とするならば、私にとっての祖国となる」
 言ってからチェは立ち上がる。同時に足もとが揺らぐ。中津川が駆け寄る。そのまま意識が遠くなる。
 
 チェは目を覚ます。薄暗い部屋の隅。身体が動かない。毛布でぐるぐる巻きにされている。寒い。そして足が痛い。少しずつ薄闇に眼が馴れる。足もとには血だまりがある。

 1967年10月8日、20名前後のゲリラ部隊を率いていたチェは、アンデス山脈にあるチューロ渓谷で政府軍レンジャー部隊と交戦した。機関銃の一連射によって足を負傷して捉えられたチェは、渓谷から7キロほど南にある村イゲラにあった小学校に収容された。
 一夜がすぎた10月9日午後0時45分、政府軍兵士のマリオ・テランは、上官に渡された携帯機関銃を手に、チェのいる教室に入ってきた。なぜか顔は撃たないようにとの指示を受けていたテランは、銃口をチェに向けながら、なかなか引き金を引けなかった。チェは震えるテランに視線を向ける。とても澄みきった眼で。
「落ち着け、そしてよく狙え」
 公式には、これが最期の言葉とされている。先妻イルダと2番目の妻であるアレイダのあいだに、チェは2男3女の子供たちを残している。ボリビアの山中から彼が子供たちに宛てた手紙の一部を、今回は最後に引用する。

 世界のどこかで何か不正が犯されたならば、心の底から深く悲しむことのできる人になりなさい。それこそが革命家として、最も美しい資質なのだから。


(了)


前へ 最終回 チェ・ゲバラ 後編