泣くだけで痩せられる!? 小説版も17万部突破!実写版『ここさけ』で涙活ダイエット!

 「つらい」「苦しい」などマイナスなイメージを抱きがちなダイエット。しかし、月2~3分泣くだけでダイエット効果が得られると言われる「涙活ダイエット」が注目を集めている。泣いている間は睡眠時と同じく副交感神経が活発になり、リラックス効果、ダイエット効果が得られるというから驚きだ。手軽に感動して泣ける方法として、『映画』が紹介されている。今夏、数ある「泣ける」映画の中でも7月22日公開の実写版『心が叫びたがってるんだ。(通称 ここさけ)』が、一番泣けると人気を集めているらしい。

 『ここさけ』は一昨年に公開されたアニメ映画で、公開当時、映画通満足度97.4%(Filmarks試写会調べ)、女性満足度96%(cinemacafe.net独占試写会調べ)と、映画通からも支持を得て興行収入11億円を突破した大ヒット作。言葉を交わすと腹痛に襲われることが原因で孤立していたヒロインの成瀬順が、「地域ふれあい交流会」の練習でクラスメイトと団結することにより、呪いと葛藤しながらも少しずつ言葉を取り戻していくストーリー。祖父母の家で暮らす、ふさぎがちな少年、坂上拓実。幼いころ、言葉を封印する呪いをかけられてしまった少女、成瀬順。拓実とは中学から同級生だが、ある出来事をきっかけに距離を置く仁藤菜月。怪我で野球の練習ができず、もどかしい日々を過ごす田崎大樹。それぞれ悩みを抱える彼らが「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命されたことから物語が動き出す――。

 主役の坂上拓実を演じるのは、昨年公開され大ヒットを記録した『黒崎くんの言いなりになんてならない』でも主演を演じたSexy Zoneの中島健人。ヒロインの成瀬順役には連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインを務めた芳根京子が抜擢された。言葉を話さない成瀬の変化が、アニメーションの些細な仕草ひとつひとつで表現されていただけに、成瀬役を務める芳根にはかなりの演技力が要求される。また、普段は優柔不断で押しに弱く、いつも冷めた目で周囲を眺めている拓実も、成瀬と関わることで少しずつ心情が変化する。そんな難しい役どころを中島がどう演じるのかにも注目が集まる。

 ノベライズ「小説 心が叫びたがってるんだ。」(豊田美加 著・原作/超平和バスターズ、小学館)も2015年に発売以来、重版を重ね17万部を突破。そんな大ヒットアニメの実写映画公開に合わせて、7月29日(土)21:00よりフジテレビの土曜プレミアムで地上波初放送も決まっている。この夏、一番泣けると話題の実写版、大ヒットを記録したアニメ版、そして言葉にできなかった心の声まで分かるノベライズ版。この夏、大ヒット間違いなしの3つの『ここさけ』で心のデトックスをしてみてはいかがだろう。

購入はこちら

コメントは受け付けていません。