あなたの地元を問答無用でランキング!
『47都道府県の偏差値』

 

 

 日本でいちばん多い名字は、ご存じのとおり「佐藤さん」。全国に約190万人、人口1000人あたり約15人いる計算になるので、普通なら職場の同僚や知り合いに何人かいてもおかしくありません。都道府県別で「佐藤さん」が多いのは、やはり東京都、神奈川県といった人口が多い地域。上位の都道府県をあげると、以下のようになります。
 
 
1 東京都  213,000人
2 神奈川県 164,000人
3 宮城県  163,000人
4 北海道  161,000人
5 福島県  110,000人
6 埼玉県  105,000人
7 千葉県  88,400人
8 山形県  82,700人
9 秋田県  81,900人
10 新潟県  76,100人
 
 
 ん? 人口が多いはずの大阪府や愛知県がランクインしていませんね。そうです。「佐藤さん」は全国一律に多いわけではなく、じつは東北地方に偏在しているのです。
 それを明らかにするために、人口の多さに惑わされないよう、各都道府県の人口1000人あたりで比べ直し、偏差値でランキングしてみましょう。偏差値というのは高校や大学入試などでよく出てくるアレです。ここでは細かいことは抜きにして、偏差値70以上なら「非常に多い」、60くらいなら「まあ多い」、50前後なら「平均的」くらいに考えてください。
 
 
 
 
 すると、トップは秋田県、2位・山形県、3位・宮城県という具合になりました。偏差値は4位の福島県まで70を超えていますから、「佐藤さんは東北にすごく多い姓だ」ということがわかります。地図で色の濃いところが「佐藤さん」が多い地域なので、その偏在ぶりは明らかです。
 比較するために、日本で4番目に多い姓である「田中さん」を見てみましょう。
 
 
 
 
 偏差値でランキングすると、1位・鳥取県、2位・佐賀県、3位・福岡県と、「佐藤さん」とは対照的に西日本に多い姓だということがわかります。
「佐藤さん」と「田中さん」、どちらも全国的に多い姓だというイメージがありますが、まったくそんなことはないということがおわかりいただけたでしょうか。
 都道府県についてはさまざまな統計データがあります。それを単純にランキングすると、人口が多い東京都が有利になるのは当たり前。しかし、人口あたりで再計算し偏差値化すると、意外な事実が浮かび上がってくるのです。
 
 
 日本で最も医療が充実している地域は?
 デキ婚率がいちばん高い県は?
 若い女性はどの県に多い?
 殺人事件が頻発するところは?
 
 
 食からレジャー、経済、社会まで、さまざまなテーマで47都道府県をランキングする“統計エンターテインメント”。あなたの地元のランキングに一喜一憂しながらページをめくってください!

 

 

 

購入はこちら

 

 

書名  :47都道府県の偏差値

著者  :久保哲朗

発売日 :2018/1/31

定価  :本体780円+税

発行  :小学館

  •