高倉健さんファン、映画ファン必読! 心に沁みる傑作小説!

 

【担当編集者の新刊おすすめ情報】

 

 

 多くの人が、特に若い頃に、映画に夢中になったことがあるはずです。この小説は、任侠映画を見て高倉健の大ファンになった少年を主人公に、映画への熱い思いを描いた長編小説です。

 主人公の岩瀬修は、63歳。いまは文具会社の重役です。少年時代に熱狂した任俠映画の記憶は、やがて忘れ得ぬ人たちの思い出へとつながっていきます。初めて見たのは中二のとき、『日本侠客伝』『人生劇場 飛車角』の2本立てでした。すっかり高倉健に心酔した修は、映画を観たいがために家業の立ち飲みコーナーを手伝うようになり、“ヤクザ”と煙たがられていた「中間のおっちゃん」と知り合います。同じ頃、従姉妹の弥生が越してきたのですが、心臓が弱く県立病院での入院生活を始めました。その弥生に学校のプリントを届けに行くようにもなりました。弥生は頭がよく本好きで、絵も抜群に上手でした。

 二人との出会いは、修の人生にかけがえのないものを刻んでいきます。その笑いと涙のドラマは、人生での出会いの大切さを感じさせてくれます。

 

 本書では、任侠映画の数々が紹介されています。『網走番外地』『続 網走番外地』『昭和残侠伝』『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』『緋牡丹博徒』『緋牡丹博徒 一宿一飯』……。高倉健だけでなく、共演していた池辺良や鶴田浩二、藤純子らの姿も鮮やかに甦ってきます。

 任侠映画(ヤクザ映画)は、1963年に鶴田浩二主演の『人生劇場 飛車角』が大ヒットしてから始まったといわれています。東映は、それまでの主流だった時代劇映画が不振に陥っていたため、その後多くの任侠映画を製作するようになり、「任侠映画といえば東映」というイメージが出来上がりました。73年には実話を基にした『仁義なき戦い』がはじまり、こちらは「実録シリーズ」などと呼ばれたため、それまでのヤクザ映画が「任侠映画」と呼ばれるようになりました。

 高倉健さんを敬愛していた俳優・小林稔侍さんが本書を読んで下さり、メッセージを寄せて下さいました。本書の帯に書かれていますが、「高倉健さんと、今一度貴方の青春時代を…。」とあります。本書は、大スターであった高倉健さんに捧げる作品であるとも言えます。

 

 また、「昭和レトロ」好きには堪らない、当時の風俗が鮮やかに描かれています。今とは違う映画館や、「角打ち」と言われる、修が手伝っていた家業の酒屋の立ち飲みコーナーの様子は、昔を知る人には懐かしい想いがすることでしょう。

 

 読み終わった後に、しみじみとした感動で心を満たされる傑作小説です!

 

 

購入はこちら

 

書名  : 運命のひと

著者  : 山本甲士

定価  : 本体670円+税

発売日 : 2018/1/4

発行  : 小学館

 

  •