映画ドラえもん×脚本・川村元気 完全小説化

【担当者の新刊おすすめ情報】

 

 

 『世界から猫が消えたなら』の編集を担当し、文庫版の刊行から映画化までの長い道のりを川村元気さんと伴走してきました。著者と編集者として、また映画のプロデューサーと宣伝担当としてかかわりながら、「セカネコ」は、おかげさまで100万部を超えるベストセラーとなりました。

 その間に、映画ドラえもんの脚本を担当することになったことは訊いていました。川村さんが、脚本家としてはじめて手がけるドラえもんは、絶対に面白いはずだ! と信じて、小説を刊行するべきだと提案しました。

 書き手は、数々の映画ノベライズをてがけた涌井学さんです。川村さんとは、映画「世界から猫が消えたなら」を、猫の視点から描いた『世界からボクが消えたなら』以来のタッグとなります。『世界からボクが消えたなら』は、いまだ売れ続け累計17万部を突破しました。今回も、脚本や絵コンテと格闘し、原作コミックスをひもときながら、丁寧に小説ドラえもん世界を築いてくれました。

 のび太たちが見つけた宝物とは、一体なんだったのか? 映画を二倍楽しむことができて、笑いはもちろん、大人も感動できる作品になりました。とにかくのび太がかっこいいんです。そして、のび太のパパも。

 文庫版とジュニア文庫版の二種類を刊行していますが、ふりがな以外の内容は一緒です。文庫版だけの特典として、川村元気さんの「刊行に寄せて」が掲載されています。脚本を引き受けるまでの想いが綴られています。是非ご一読いただければ幸いです。

 

 

 

購入はこちら

 

書名  : 小説 映画ドラえもん のび太の宝島

著者  : 原作/藤子・F・不二雄  脚本/川村元気  著/涌井学

定価  : 本体510円+税

発売日 : 2018/2/6

発行  : 小学館

 

 

購入はこちら

 

書名  : 世界から猫が消えたなら

著者  : 川村元気

定価  : 本体620円+税

発売日 : 2014/9/18

発行  : 小学館

 

 

購入はこちら

書名  : 世界から僕が消えたなら

      映画「世界から猫が消えたなら」 キャベツの物語

著者  : 著/涌井学 原作/川村元気

定価  : 本体500円+税

発売日 : 2016/5/7

発行  : 小学館

 

  •