教科書だけでは分からない
歴史の真実がある
日本の紙幣に天皇の肖像画が
一切登場しないのはなぜか?
手塚治虫は、なぜ「火の鳥」の中で
「騎馬民族征服王朝説」を描いたのか?
歴史上の悪者「物部守屋」は、
なぜ後世になって顕彰の対象になったのか?
聖徳太子は、本当はどんな人物だったのか?
豊臣秀吉と砂糖との意外な関係とは?
「源義経=チンギス・ハン」説は
どのように生まれ、
そして広がっていったのか?
なぜ、電話もインターネットも
なかった江戸時代に、
全国津々浦々、
同じような落書きが広がったのか?
過去の自然災害の記録から、
現代に生きる私たちは何を学ぶべきなのか?
など、教科書だけでは分からない歴史の真実と、
その教訓を紐解く

本書を購入
本書を試し読み
〈 目次をみる 〉
前口上――本書の読み方

第一章 歴史の断片から、
いにしえ人の暮らしと心をよむ
●武田信玄ゆかりの地で発見した「石」の謎
●江戸時代に書かれた「落書き」は、
いったい何を意味するのか
●江戸時代に詠まれた「無名の歌」の謎
●木簡が語る、ふたりの戦国武将の運命とは
●豊臣秀吉と砂糖の知られざる関係とは
●歴史に埋もれた、まぼろしの「特産品」の謎
●戦国武将たちを魅了した「遊び」の謎
●ユネスコ「世界の記憶」に刻まれた古代社会の姿とは
●日本社会の「男女観」は、どのようにつくられたのか
●律令制の「常識」を捨て去ると、何が見えてくるのか

第二章 時空を越えて、歴史は再生産される ●「歴史上の人物」は、尊敬の対象になりうるのか
●大学図書館で偶然発見した、ひとつの拓本の謎
●「悪人」物部守屋は、
なぜ「正義の人」に生まれ変わったのか
●石碑の拓本は、どうやってつくられたか
●「歴史を知る手がかり」は、
どこからあらわれてくるのか
●聖徳太子は本当に「万能の政治家」だったのか
●天皇はなぜ紙幣に描かれないのか
●手塚治虫はなぜ『火の鳥』で騎馬民族を描いたのか
――「騎馬民族征服王朝説」のゆくえ
●「源義経=チンギス・ハン」説の誕生と拡大
――そのメカニズムとは
●広開土王碑は、日本陸軍によって改竄されたのか
●日本各地に眠る広開土王碑拓本の数々は、
いったい何を意味するのか
●田山花袋はなぜ広開土王碑に魅せられたのか

第三章 災害や自然環境の変化が、人びとの意識を変える ●過去の自然災害の歴史記録は、
何を語りかけているのか 1
――貞観地震の記録を読む
●過去の自然災害の歴史記録は、
何を語りかけているのか 2
――出羽国で起こったふたつの地震
●過去の自然災害の歴史記録は、
何を語りかけているのか 3
――火山噴火と予兆
●自然現象の変異に、いにしえ人は何を見たのか 1
――空から石鏃が降る話
●自然現象の変異に、いにしえ人は何を見たのか 2
――海獣の発見が歴史を予言する
●古来、人びとは、どのように自然に挑んできたのか
●歴史を「古代」から「中世」へと
変化させた原動力とは何か
●明治時代の人たちはなぜ、
遠く離れた被災者の救済に乗り出したのか

おわりに――本書の舞台裏
参考文献