Vol.16

餅と塩

餅と塩

お餅があれば、急なお客様にも即対応。冷めても、お餅がカチカチに固くならない限り、美味しくいただける。

ワインにもぴったり
お餅でイタリアン!

一年中、おいしいお餅を食べることができるようになりました。お正月で残ったものを冷凍したり、また真空パックであれば長期間の保存もできますが、余ったお餅の食べ方に困ったときに、ぜひ試してみてください。

簡単にできるし、美味しい。お子さんのおやつや、夜食にもオススメですし、意外なほどワインにも合うので、前菜にもピッタリです。

味を複雑に出すため、塩竈の藻塩を使ってみましたが、炭塩でも、美味しくいただけます。スペインの料理大会でも好評だった料理です。

今回の塩

今回の塩「わじまの海塩」
塩竈の藻塩
80g | 500円

かつて、製塩法が伝えられたという、その伝承にならい、塩竈沖の海水を汲み上げ、海草のホンダワラに通し二日間、煮つめてできる塩。

お問い合わせ
アル・ケッチァーノ

今回のオリーブオイル

エキストラバージン オリーブオイル キヨエ
エキストラバージン
オリーブオイル
キヨエ

南オーストラリアの豊かな大地で生育した完熟オリーブの実だけを、すばやく丁寧に搾り、日本へ直送。そのまま瓶詰めにした、とてもピュアなオリーブジュース100%オイル。オリーブ本来の香りとフルーティな味が広がる。

お問い合わせ
バロックス

餅と塩の作り方

1
作り方写真1

餅を5o幅に切り、油を引かないフライパンで焼いていく。ときどき返し、火を入れていく。柔らかくなったら、皿にもる。

2
作り方写真2

熱したフライパンに塩を入れて空入りし、[1]にかける。

3
作り方写真3

キヨエを回しかける。

取材・文/川野達子 撮影/長谷川 潤