• 大阪のあいりん地区、横浜の寿町と並んで、日本三大ドヤ街と呼ばれる東京・山谷。 戦後日本の高度成長を支えた労働者たちが住み着いたかつての山谷は、男たちの熱気に溢れかえっていた。そもそもなぜこの場所がドヤ街になったのか? 山谷に魅せられたノンフィクションライターが突撃取材を続けるうちに辿り着いたのは、「ヤマ王」と「ドヤ王」と呼ばれた伝説の男たちだった。


第一回 時代が交錯する街

   南の夜空に、光の粒を明滅させたスカイツリーがそびえ立っている。日比谷線南(みなみ)千住(せんじゅ)駅から伸びる吉野通りを歩き、泪(なみだ)橋(ばし)交差点のセブンイレブンを越えた辺りから、街は薄暗くなる。…

Continue reading